飲食業界でエリアマネージャーになるには?どんな仕事?その年収は?

この記事は約4分で読めます。

飲食業界でエリアマネージャーと言えば、多店舗展開をしている会社やチェーン展開をしている会社の担当エリアを総括する役職のことを言います。

 

この記事では、飲食業界でエリアマネージャーになるにはどうすればいいのか?具体的にどんな仕事内容なのか?そして年収などについて説明をしています。

スポンサーリンク

飲食業界エリアマネージャーは、どんな仕事?

飲食店でエリアマネージャーになるには、ホール業務や厨房業務はもちろん、アルバイト教育や社員教育、売り上げ管理から仕入れ管理まで店舗運営に関わるすべての作業を覚える必要があります。

 

各企業、会社によりますが、

 

社員

副主任

主任

副店長

店長

エリアマネージャー

 

と、段階を踏んで昇進していくシステムを取りいれている会社が多いです。

 

また、各店舗によって運営スタイル、ロードサイド店舗なのか?繁華街店舗なのか?によってその経営方針が違ってきますので、すべての店舗管理責任者を経験しないといけません。

 

例えば、ロードサイド店舗であれば「ファミリー層中心」になってきますので、アルコール中心の店ではなく、食す形の運営方針が必要になります。

 

逆に繁華街店舗であれば「若者向け」や「会社員向け」になりやすく「食す+飲料関係」に力を入れていかないといけません。

 

この2つの経営方針の違いでわかることは「原価」と「人件費」の違いになります。

 

こういった相違する2つの店舗で利益を出すにはどうすれば良いのか?

 

そういったことを既存店長にアドバイスを送ったり、時には同じように店舗で作業をおこないながら持ち受け店舗の売り上げ向上を目指していくのがエリアマネージャーの仕事になってきます。

飲食業界でエリアマネージャーになるにはどうすればいいのか?

飲食業界でエリアマネージャーになるには店長経験を最低2年以上は必要です。初めの1年は、店長としての業務を行うための1年。そして2年目は、違う店舗でも店長業務が出来るかどうかといった部分です。

 

先にも書きましたがエリアと言っても、多種多彩な地域色があります。ですのでその地域にあった運営方針や運営方法を知っていないとエリアマネージャーにはなれません。

 

ですから2年目に最低2店舗目を経験する必要があります。

 

ただし、企業によっては半年でエリアマネージャーになることがありますが、そういった会社はほぼブラック企業ですからおすすめは出来ません

 

しっかりと昇進の段階を踏んでしっかりと経営マネージメントを学んでからでないと、あとで辛い思いをするのは早くからエリアマネージャーになった方ですから、最低2年はしっかりと運営を学ぶ必要があると感じました。

飲食業界のエリアマネージャーの年収は?

私が勤めていた会社を例にすると600万~700万までです。

 

これが高いか低いかは個人の価値観の部分になりますのでわからないですが、エリアマネージャーの特典と言いますか、特権は沢山あります。

 

例えば経費。

 

エリアマネージャーになれば主な移動手段は車になってきます。ですから社用車、ガソリン、車諸経費などは、すべて経費で賄われます。

 

また、年間経費2%~10%と決められ、その◯%が持ち受け店舗で振り分けられ、その分を経費として使うことが出来ます。

 

例えば、各店長との懇親会や、偵察食事代など。

 

ですから、年収以外のプラスαが大きいですから、よほどのことがない限りお金に困ることはないかと思います。

飲食業界エリアマネージャーについてのまとめ

  1. 店長職を最低2年は必要
  2. 年収は600万~700万
  3. 段階を踏んだ昇進制度の会社はホワイト企業が多い

 

企業によっては違う内容もあるかと思いますが、2つの飲食企業に勤めた経験から見て、今回説明させて頂いた内容が主流かなと思います。

参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました